toggle
誰もが明るく暮らせる豊島区へ。

居住支援事業

居住場所に困っている方などに対し、空き家・空き室等の活用や民間賃貸住宅等への円滑な入居を推進するための支援活動等を行うグループに、その事業の実施に要する費用を助成します。平成29年度は、以下の2件を選定し事業パートナーとして支援をお困っています。
また、事業パートナーの他、様々な団体が登録団体として居住支援活動を行ってます。

■居住支援団体
 モデル
事業者名

NPOコレクティブハウジング社

地域とつながりをもちながら暮らしたい人のための居住支援事業

事業目的
空き家が増加することにともない、防犯・防災上等のリスクが生じるなど、さまざまな問題の発生が想定される。そこで、空き家の活用モデルを作ることで、そうした問題を解消することにつなげる。
事業内容
これまでのコレクティブハウス運営実績を活かし、豊島区内で新たにコレクティブハウスを展開する。「地域とのつながりをもちながら暮らす」ということを重要なテーマとして事業を展開したいと考えるため、入居者にも、説明会を開催するなどして、そのテーマを十分に理解したうえで入居していただくように求めていく。入居者には住宅確保要配慮者全般を想定し、多世代で多様性に富むことに価値を見いだしている。住まいの形式として、共用スペース住宅となるコモンハウスと、その周辺住宅としてのサテライトという構成にする。

 

 モデル
事業者名

NPOコミュニティランドスケープ

地域資産再活用型高齢者自立のための地域善隣事業センタープラットフォーム事業

事業目的

介護保険法の改正などにより、より地域が主体的に生活支援を行う共助の重要性が増す中、情報の一元化がされず住み慣れた地域での居住を継続することが困難になっている。
一方、豊島区内の過密地域に歯抜け・点在的に空き家が増加している。
そこで、地域に存在する空き家をリノベーションして再活用することや福祉機能の情報連携により、高齢者が地域に根差して相互扶助的に暮らせる仕組みを構築する。
そうすることにより、高齢者の地域社会への参加を促し、地域の繋がりを作るとともに、高齢者の自立を促進する。

事業内容

豊島区内在住の単身高齢者及び高齢者のみの世帯を対象に、
(提供するサービス)
・住まい、医療、健康保健、教育、趣味、食・嗜好、癒しなどに関わる高齢者にふさわしいライフコーディネートを行うために、シェアタウンエリア内での地域公共・民間サービスをネットワーク化し、情報の提供・空き家福祉住環境リノベーションサポート・ネットワークの統括管理を行う。
・地域の基盤構築施設としてのシェアタウンセンターハウスの企画構築
(サービスの方法)
・モデルとなるパイロットエリアの地域包括支援センターとの連携を構築して、共有及び補完をしながら既存のストックを紐解き、再活用したシェアタウン化の方法論で地域善隣事業を進める。
・空き家への福祉住環境リノベ―ションのコンサルティングを事業
・センターハウスでの文化・体育講座を有料開催
(ネットワークについて)
・区内の町会・商店会主体のまちづくりNPO団体と連携し地域サロンなどでセンターハウス協働・地域の不動産業者、工務店、企業と連携しセミナーとアドバイス事業を発展させる。

■登録団体
NPO法人リトルワンズ
シングルマザー支援

母子家庭世帯の生活支援、経済的自立を支援しています。豊島区居住支援では、トータル&伴走型生活支援、生活相談、就業相談、地域とつなぐ取り組みをしています。

NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク
 子どもと家庭への支援

ひとり親世帯への居住場所のマッチング、生活相談、生活支援(子ども食堂との連携、居住も含めた居場所づくりの提供)で、地域の子どもを見守り育てています。

NPO法人クローバー
知的障害者の生活・居住支援

椎名町を中心に、知的障害の方が住み馴れた地域で生活していけるよう、様々な住まい方を提案し、地域との関わりを持ちながら安心して生活できる暮らしのサポートをします。

NPO法人街ごとリノベ開発機構
 空き家の再生と活用

空き家を賃貸物件として再生するにあたり、建物調査から改修提案、融資、資金回収まで、空き家対策に関わる課題について、ワンストップ窓口でご相談に乗ります。

日本女子大学住居学科 定行研究室
 団体と連携した居住支援の提案

豊島区型の居住支援の仕組みを提案し、母子生活支援施設、NPO法人、地域住民の協力を得ながら、空き家の実態・居住支援に関わる調査研究に取り組んでいます。

■豊島区内の福祉的支援を担っている人々
コミュニティーソーシャルワーカー(豊島区民社会福祉協議会)

制度の狭間や複数の生活課題を抱えるなど、既存の福祉サービスダメでは対応困難な事例の解決に取組んでいます。

高齢者総合相談センター
  1. 高齢者やその家族からの各種相談、対応支援、訪問によるサービスを紹介します。
  2. 介護や支援が必要になる前に自立生活を支援します。
  3. 権利擁護に関する支援などを行います。
民生委員・児童委員

地域において、生活困窮者、高齢者、母子、心身障害者などの相談や支援を行い、関係行政機関との橋渡しを行います。また、児童福祉活動も推進しています。