toggle
誰もが明るく暮らせる豊島区へ。

空家・空室をお持ちのオーナー様

お持ちの空き家、空き室を活用しませんか?

豊島区居住支援協議会では、区内の空き家・空き室の有効活用やそれらを活かした、住宅の確保にお困りの方の居住支援の推進を目指して「としま居住支援バンク」を設立いたしました。
つきましては、居住支援活動にご協力いただける物件をお持ちのオーナー様を募集しております。


としま居住支援バンクとは?

豊島区内の空き家・空き室を登録し、住まいの確保にお困りの方への紹介を行い、両者のマッチングを図るものです。
ご登録いただいた物件は、豊島区居住支援協議会の居住支援事業に活用させていただきます。

住まいの確保にお困りの方とは

単身で暮らしている高齢者、知的障害者、小学校低学年以下の子どもをお持ちのシングルマザー等の方々を想定しています。

としま居住支援バンク登録基準

居住支援協議会では、平成30年1月受付分より、「空き家バンク」の登録基準を緩和いたしました。
これまでの基準では、耐震・法令適合の確認を行なっていましたが、今回の登録基準の緩和によって、居住支援に貸し出しを行なっても良い物件につては、耐震・法令適合確認を行わず、空き家バンクに登録できることになりました。
空き家・空室をお持ちの方で、居住支援活動にご賛同いただければ、空き家バンクに登録できますので、是非ご協力ください。

としま居住支援バンク活用フローチャート