toggle
誰もが明るく暮らせる豊島区へ。
2019-10-17

空き家をシェアハウスとして活用しませんか?

「空き家を新しくシェアハウスとして活用したい」そのような空き家所有者の方は、最大150万円(改修費用の2/3)まで改修費の補助を受けることができます。

<補助の概要>

●対象になる工事
  • 共同居住のために必要な工事
  • 耐震改修工事
  • バリアフリー工事
  • 防火・消火対策工事
  • 上記工事に係る調査設計計画
●主な要件

《申請者》

  • 空き家を所有または管理を委託されていること
  • 改修工事後、10年間はシェアハウスとして活用すること

《物件》(改修後基準を満たすのも可)

  • 建築基準法に適合し、耐震性を満たした建物であること
  • 東京都の「住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅登録基準」を満たすこと
補助金申請の流れ

①相談
まず住宅課に、ご相談ください。

②申請
申請書類を提出していただきます。

③工事
申請内容に基づき改修工事を行います。

④完了報告
完了報告を行なった後、補助金が支払われます。

申請等にに必要な書類

《申請時》

  • 物件の写真(建物の内観、外観、改修工事箇所が分かるもの)
  • 改修工事見積もり書の写し
  • 工事の工程表

《完了報告》

  • 物件の写真(改修工事の箇所)
  • 工事請負契約書の写し
  • 領収書の写し

問い合わせ先

豊島区都市整備部住宅課背作推進グループ

TEL:03-3981-2653 FAX:03-3980-5136

MAIL:A0022901@city.toshima.lg.jp

関連記事